×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

産休

産休とは、出産前と出産後に職場からぁお休みをもらう事をいいますわ。
出産前と出産後で、労働基準法で決められとる目安となる期間もあるんや。子供の病気
出産前は、6週間のお休みをもらえまんねん。
双子やらなんやら、多胎の場合は、14週間となっていますわ。
またぐら、出産後は、8週間のお休みがもらえまんねん。
ゴチャゴチャゆうとる場合やあれへん,要は、職場に復帰やる人は、生後2ヶ月で赤ちゃんを保育所やらなんやらに預けるちゅうこっちゃやね。
出産前の6週間の計算の仕方は、出産予定日からぁ6週間遡った日にちとなるんや。
必ずしも予定日に生まれるちゅうわけではおまへんので、早まっても遅くなっても、いけるや。
産休開始からぁ6週間以上たってからぁの出産でも、産休として、ちゃんと適用されまんねん。
またぐら、この決められた期間内では、本人の意思で、お休みをしたいちゅうこっちゃが会社ねきに伝えられれば、会社ねきは、お休みをとらせてあげなけらばなりまへん。
せやけど、本人が働きよったいちゅう意思があるのほなら、無理に休ませる必要もないのや。ストーカー
またぐら、出産後の8週間の計算の仕方は、出産した日の翌日からぁ数えまんねん。
この期間内は、労働基準法で決められとるため、会社ねきは働かせてはなりまへん。
せやけど、出産後6週間たった時点で、本人の方からぁ働きよったいちゅう意思が伝えられた場合は、働く事は可能や。
ゴチャゴチャゆうとる場合やあれへん,要は、出産後の6週間は、本人や会社の働きよったい働かせたいちゅう意思関係なく、働おってはあかんのや。
守らなくては、法に触れるちゅうこっちゃで、罰金や刑やらなんやらもあるので用心しまひょ。

平均年齢


年々、ガキを産む年齢が高くなってきとると言われておるけどダンさん、平均やるとどのくらいやねんでっしゃろ?
1人目を出産やる平均年齢は28.2歳ねんうや。
これは、晩婚の影響があるといえるでっしゃろ。
婚期が遅れていけば、当然、出産年齢も高齢化していきまんねんよね。
電化住宅
婚期が遅くなっとる理由は、どねんうなトコにあるのでっしゃろ。
単純に結婚でけへん人もおると思うで。
他には、仕事が好きやねんやったり、まだまだうちのやりたいことをやっとったいやらなんやらいろいろあるでっしゃろ。
逆に、できちゃった結婚やらなんやら、10代や20代前半やらなんやらではよに結婚、出産をやる人も増えてきていますわ。
こうゆうヤカラは、はよガキを自立させ、あとは夫婦でのんびりちゅう感じになっていくのでっしゃろ。
会社設立
文頭でご紹介した、平均年齢28.2歳ちゅう数字やけど、1975年の1人目を出産やる平均出産と比べると約3歳もちゃうのや。
余計なお世話やけど、1975年の平均年齢は、25.7歳となっていますわ。
この、出産の年齢があがっいかとには、少なからぁず少子高齢化とも関わってくるちうワケや。
単純に、ガキの数が減ってきとるといおるけどダンさん、実際、高齢になるにつれ、妊娠・出産やる事が難しくなってきとることは事実や。
年齢がでかっ夫婦ほど、不妊の率は高くなってきていますわ。
またぐら、出産を乗り切れる体力のほうも心配になってきまんねんね。
実際「高齢出産」ちゅう言葉があるのも事実や。

無痛分娩

無痛分娩とは、麻酔により、陣痛や、出産の時の痛みを和らげ、出産やる方法や。
この出産方法は、痛みに弱い人や、パニックを起こしやすい人やらなんやらにおすすめできるでっしゃろ。
麻酔の方法は、大きく分けて2つあるんや。
ひとつめは、部分的に麻酔がかかる局所麻酔や。
ふたつめは、全身にかかる全身麻酔や。
麻酔は、子宮口が4?5cm開おってからぁ注入やるもんもあるんや。
これが、1番ポピュラーでっしゃろ。
麻酔と聞くと産まれても、感じないからぁわかりまへんのでっしゃろと思っとる人もおるようやけど、これは間違いや。
無痛分娩ちゅう方法やったら、産声を聞くこともできるちうワケや。
初産がめっちゃ難産やった人が、2人目やらなんやらを無痛分娩にしてみたら、めっちゃスピード出産やったちゅう人は結構おるようや。
まら、無痛分娩には、メリットもあるやんうや。
バレンタインデー
妊婦の健診やらなんやらで、毎回血圧がでかっと用心されとった人やらなんやらは、無痛分娩の麻酔剤には血圧を下げるため効果があるんやね。
その為、妊娠中毒症やらなんやらの人も、それが理由で無痛分娩にやる場合もあるやんうや。
中には、あまりの痛さで、陣痛中にパニックになってなおす人もいますわ。
またぐら、長時間にわたる、痛みで体力を奪われることもないでっしゃろ。
痛みがないちゅう安心感からぁ、リラックスした気持ちで、お産に臨めまんねんね。
ストーカー
心配されるおかん体や、赤ちゃんへの麻酔の影響あまるっきしおまへん。
赤ちゃんへは、麻酔は流れへんようになっていますわ。
おかん体に関しても、専門知識を持った医師や看護士が、麻酔を使用しまっから、安心しておくなはれ。

Copyright © 2008 出産